HOME>費用とプロセス
ご相談から完成までのプロセスと費用について
当社のでは一般住宅につきましては、下記のようなステップで監理業務を行っております。

【作業の流れ】

ステップ
業務内容
金額の目安
日程の
目安
私たちが手掛けた住宅や店舗の写真、図面、スケッチ等をご覧いただき、私たちの建築に対する考えをお伝えいたします。
お客様のライフスタイル(住宅)や業態(店舗など)にあわせて、ご要望をはじめ、こだわりやご予算をお伝えください。
またお気に入りの空間の写真や雑誌の切り抜きなどがありましたら、ご提示ください。
無料  
敷地・役所調査を行います。
 ●敷地周辺環境(地盤の様子などを含む)
 ●法規チェック
 ●日照条件
 ●上下水道、ガス、電気
上記を確認の上、工法、予算配分をご説明いたします。
その後、ラフプラン(1st.プラン)をご提出いたします。

1st.プラン提出後にキャンセルの場合、作業料として3万円(税別)をご請求いたします。

 
1st.プランが気に入っていただけましたら、基本設計に入ります。予算も鑑みて、調整しながら図面を作成いたします。
(配置図、平面図、立面図)
着手金10万円
※設計料に含みます。
(工事費三千万円まで、それを超える場合は別途ご相談)
 
設計監理契約書を作成いたします。
設計・監理に掛かる費用、諸経費などを算出して説明させていただきます。
契約時、基本設計料として、契約金の25%から先にお支払いいただいた着手金を引いた金額を、お支払いいただきます(契約締結後10日以内)。  
設計図面の作成に入ります。
@意匠
A構造
B設備
・色、素材などを現物見本にて決めていきます。
・照明、キッチン、空調、その他設備の計画を立案。
・外構・家具もご提案いたします。
※必要な場合は地盤調査を粉います(別途料金)
  2〜3カ月
建築確認、その他の申請をいたします。
(増改築は申請が不要な場合があります)
申請手数料(別途) 約35日
施工会社数社で合見積にて決定いたします。
地域、規模、その他を考慮して弊社にて数社推薦いたします。
※お客様のお知り合いの施工会社のお見積りも可能です。
業者決定時、
契約金額の50%
 
地鎮祭を行い、工事にあわせて監理及び検査を行います。
  木造住宅の場合、約6ヶ月
(工事内容により変わります)
下記の各検査を行い、お引渡しとなります。
●役所検査
●弊社検査(お客様立会い)
●手直し工事
●弊社再検査(お客様立会い)
●お引渡し
  使用方法などご説明いたします。
※上下水道の引き込み工事等は、弊社立会いの上調整いたします。
監理料
工事額の25%
(引渡後15日以内)
7日程度
お引越し後、1年を目安で再度検査を行います。
無料  


【設計監理料に含まない諸費用】

 ・確認申請(中間・完了検査)手数料代
 ・地盤調査代(簡易式)
 ・その他申請代及び諸費用
 ・交通費:岡山県外は実費をいただきます。
 ・敷地測量
 ・現況建物実測調査
 ご不明な場合は、お気軽にお尋ねください。
※開発許可申請、開発行為の届出申請(別途必要時)は、司法書士、土地家屋調査士をご紹介いたします。


【設計監理料の目安】

建物の種類
計画時の予想工事金額(※)
一般住宅
併用住宅
リフォーム
●計画時の工事金額3,000万円までは、10%

●計画時の工事金額が3,000万円を超える場合
 (工事金額-3,000万円)×8%+300万円+構造計算料
※構造計算料は建物の構造によって異なりますが、一般的な木造在来工法の場合はいただきません。
医院
その他
ご相談に応じます。

(※)設計監理料は、敷地の状況・建物の内容・設計の難易度・構造種別・設計監理作業量により変わる場合がございます。
(※)基本計画時に、計画工事金額・住宅建設に関わる諸費用とあわせて設計監理料も算出し、トータルの費用として提示いたします。
(※)設計監理料は、基本計画時の工事金額から算出します。
   また工事金額は、標準の住宅を前提として算出し、個別の条件を付加しています。
   決定工事金額が計画工事金額と違っても、設計監理料の増減はありません。
   (工事費が変更になっても設計作業量は同じのため)