HOMEカフェ・レストラン>和食レストラン「みもざ」
<<前に戻る
和食レストラン「みもざ」

敷地は、前面道路より4Mほどの高さに位置しているため、道路からの視認性が不利な条件です。
そこで、片流れのヴォールト屋根を採用し、3mの軒を出すことにより屋根のボリュームを大きくし、軒天が目立つように計画しました。深い軒と全面ガラスに面した広い庭と明るい室内との一体感。
モダンなイメージを意識して骨組みに金属を配していますが、エントランス部分には焼杉を、中央の壁にはトネリコ和紙を、奥の坪庭には竹林と建仁寺垣を設置して乾いた和の空間を意図しています。
※画像をクリックすると、拡大表示でご覧いただけます。