HOME一般住宅>高松の家2
<<前に戻る
高松の家2

家族構成はご夫婦とお子さん(幼児)1人の3人。
地域の習慣である「お日待」という行事のため、南庭に面した和室2室が必要条件でした。
飽きのこないデザインを希望されていることもあり、和の伝統的スタイルと現代的生活スタイルを融合させた構成にしました。
深い軒を東西両端まで連結させ濡れ縁と多目的デッキに囲まれるように、LDKを配置しました。
木製引込戸を総て開けると、庭と一体化した開放的な空間に生まれ変わります。
眺望のよい2階は、奥行一間の東西両端まで連続した広いバルコニーを設置しています。
※画像をクリックすると、拡大表示でご覧いただけます。