MENU CLOSE

和気の家~四季を感じさせる家

構造詳細

  • 規模:地上2F建て
  • 敷地面積 324.27㎡
  • 建築面積 119.04㎡/延床面積 125.47㎡ (駐車場は除く)
  • 構造:木造2F建て

ご夫婦とお子さん2人という家族構成で、最初は店舗併用住宅という要望でしたが店舗は別の敷地での計画となり、北面の空いた空間は将来囲ってプライベートガーデンを作る予定になりました。
北側接道の敷地で、南側には周囲からの視線を感じさせない庭を計画し、LDKや2階ホールからは植栽など四季を感じながら生活のできる住宅としました。
大きな吹抜けには上部開口からも自然光を取り込み、北側の高窓から重力自然換気による通風により中間期、夏場の暖気を外に排出できるようにしました。
また空調エネルギー使用量を低く抑えながらも冬の寒さを軽減する方法として、床下にエアコンを設置し、冬の約4か月間エアコン暖気を基礎に蓄熱させながら、床に設けたスリットから室内へ吹き出すシステムを採用しました。
吹抜けのある部屋での通常のエアコンでは足元が温まりにくいが、床暖房よりもはるかにコスト抑制できました。