MENU CLOSE

高松の家

周辺に畑や田んぼが残るこの住宅の敷地は約700坪。
狭い旧国道に面した間口も十分すぎるほどあります。
この住宅は東西を軸に間口約30m、軒を2m出した大屋根、と非常に単純な平面構成です。
しかし、何よりこだわったのは自然との融合。
床高を抑え、視点を落とすことにより庭との一体感を図り、塀や囲いをあえて設けず、深い軒下には長い濡れ縁を設け、木製ガラスを戸袋に全て収納することで、室内が完全なオープンエアな状態となります。

構造詳細

  • 規模:地上1F建て
  • 敷地面積 2,150㎡
  • 建築面積264㎡/延床面積 217㎡
  • 構造:木造

高松の家夜景
高松の家 夜景

高松の家 室内から庭を望む

高松の家 縁側
高松の家 縁側
高松の家 庭から縁側を望む
高松の家 庭から縁側を望む
高松の家 エントランスへのアプローチ
高松の家 エントランスへのアプローチ

高松の家 エントランス

高松の家 室内から庭を望む

高松の家 室内

高松の家 夜の室内

高松の家 和室
高松の家 和室

高松の家 室内から夜の庭を望む

高松の家 天井
高松の家 間接照明の天井